2020年8月22日 西棚ノ沢

当初はヤビキ沢を考えていたが、連日の猛暑に加え、コロナ禍やら長梅雨で前回の山行から間の空いた身体には厳しそう。 どこか標高差が無く難しくない沢は無いかと探したところ、ardbegさんがぴったりのコースをアップしており後追いと決め込んだ。 <二条のF1左側> 【コースタイム】 的様 8:20 - F2 9:20 ー…
コメント:4

続きを読むread more

2020年2月23日 弥七沢左岸尾根~小割沢の頭~ヘイロク沢左岸尾根

ここ3回、温~いコースが続いていたので久しぶりにピリッとした山歩きがしたくなり、数候補あった中から選んだのが今回のコース。 戸沢の頭からは先は初めてとは言え間違いだらけでRF的には満足できなかったが、それはそれで楽しい山歩きとなった。 【コースタイム】 玄倉駐車場 7:30 ー 弥七沢左岸尾根取り付き 8:56 ー 弥七沢…
コメント:0

続きを読むread more

2020年2月11日 再び三浦アルプス

200m前後の低山ながら山深さも感じられる三浦アルプス。道標が整備されて道迷いの楽しみは薄れてしまったが、色々なコースが取れ勝手気ままな山歩きができる。今回はオーソドックスな仙元山から阿部倉山までを尾根伝いに歩いてみた。 【コースタイム】 新逗子駅 8:20 - 仙元山 9:07 - 189mピーク 9:37 - 新沢分岐 …
コメント:0

続きを読むread more

2020年2月8日 三浦アルプス

今日は約9年ぶりとなる三浦アルプスを歩く。 仙元山からの富士山を楽しみにしていたが、風が無いからか霞が掛かり残念。 南尾根の176mピークから森戸川へ延びる尾根は笹薮密集だったが綺麗に刈られていた。偶然にもそれを刈って頂いた方にお会いする。メインの尾根道と比べてそう多くの人は入り込まないコースだが、ボランティア活動には頭が下…
コメント:0

続きを読むread more

2020年2月1日 丹沢前衛の低山歩き

冬枯れの半原高取山より東に目を向けると、奥に広がる市街地の手前に最高峰でも429.3mの低山帯が見える。冬でも緑=植林=渋いってのは判りきっているが、何故か以前より気になっていた。 今日はそんな山々を巡る計画を立てるも、細かなアップダウンにやられたのか無様なノックダウン。同行のはっぴーさんには迷惑掛けっぱなしの山歩きとなってしまった。…
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月11日 玄倉から伊勢沢の頭

檜岳山稜は稜線を登山道が通るも訪れる人が少なく好きな山域だ。バリエーションルートでは四方からコースが取れるが、今回は玄倉を起点に秦野峠林道の蕗平橋から伊勢沢の頭へ直登し山神峠で安全祈願の後、長く課題だった玄倉ノ野を経る周回ルートを歩いてみた。 <蕗平橋手前で鹿がお見送り> 【コースタイム】 玄倉駐車場 7:40…
コメント:4

続きを読むread more

2020年1月4日 半原高取山ショート周回

前回のシモバシラ探索では7~8年前に作成した地図を使ったが、ロガー軌跡をカシミールで見ると、それには無い愛川ふれあいの村⇔高取山間の登山道630m付近から、ダムサイト⇔高取山間を結ぶ水平経路が記されていることに気付き新たな課題となった。 2020年最初の山歩きはその水平経路の確認と、県道514号線大沢トンネルに伸びる尾根を下るショート…
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月29日 シモバシラ

山歩き再開3回目となる今回は、今しか見られない自然の造形美シモバシラを求めて半原高取山・仏果山界隈を歩いてみた。 前回は東側の原臼バス停から宮沢林道で向かったが、今回は宮ケ瀬湖畔の大棚沢広場駐車場を起点に周回コースとする。 【コースタイム】 大棚沢広場駐車場 7:13 ー 9:00 半原高取山 9:10 ー 林道半原中…
コメント:0

続きを読むread more

2019.12.14 怒り心頭も冬枯れの石棚山稜に癒される

先月のニカニカ同窓会でも話題となったバリエーションルートの至る所に付けられてしまった赤ペンキ。 今日はその中でも最も汚されてしまったと言われている、西丹沢ビジターセンタ向かいの山神様から板小屋沢ノ頭に突き上げる、通称祠尾根の状況を確認しに出向いた。 <青空にブナが映える> 【コースタイム】 西丹沢ビジターセンター 7…
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月10日 17名でニカニカ同窓会

はっぴーさんからニカニカ同窓会のお誘いを頂く。会場は弥七沢の頭の南、向沢源頭崩壊地上の展望地。初めてニカニカ集会に参加した思い出深い地だ。前回の山歩きから3年半のブランクがあり、あの急登をこなせるか不安もあるが、皆さんと会いたい気持ちが勝り参加することにした。 【コースタイム】箒沢駐車場 7:50 ー 穴ノ平沢の頭 9…
コメント:2

続きを読むread more

2015年11月1日 ニカニカ集会

そろそろかなと思いM-Kさんのホームページをクリックする。登山道歩きで満足できない面々の秋のオフ会はリバーランドが定番だったが、今回は石尊沢右岸尾根でやるそうでしかも明後日。チェックが遅れていたら春の二の舞になるところだ。                             <893m付近から大山北尾根> …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2015年9月21日 鳥屋待沢

俺のは薄くコクは無く、きっと不味い筈なんだからな! 権現橋から50mも進まぬのに既に10匹近くが這い上がっている。足回りはガードしているが、隙を見せようものなら腰のあたりをやられる。全く油断の出来ないエリアだ。 すっかり引きこもりと化していたが、イガイガさんにお誘いを頂き1月以来の丹沢歩きを楽しむこととなった。 【コース…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2015年5月15日 両神山

昨年NHK BSで放送された日本百名山一筆書きを見て、鎖場に魅力を感じ課題の山になっていた。そんな秩父の岩峰を落合橋を起点に八丁尾根を経てコンパクトに周回してみた。                           <西岳から見る東岳・両神山> 【コースタイム】 上落合橋登山口 8:26 ~ 9:20 八丁峠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年1月17日 やっぱり奥が深いね茅ノ木棚山稜

半年ほど前から山行回数が減っていた。それに比例するかの如く風呂上りの鏡に映る我がブヨ腹。怖くて乗れなかった体重計に意を決すれば4キロも増えている。 今回はそんな体を絞るには最高のフィールドとなる“迷い”の茅ノ木棚山稜。案の定、考えられない間違いをやらかすこととなった。                             &l…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2015年1月11日 大立切

ステップが見えね~よ! 握力も無くなってきやがった! やっぱハーネスを付ければ良かった~! もう二度と来ないぞ! 思わず口に出る。 ホント凄い所だよここは・・・・。                     <中央のEAさんがいる場所はまだ1/3ほどのところ > またまた前回の山行からひと月以上開いてしまっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2014年12月7日 鍋嵐周辺

月日が流れるのは早いものでモトさんが事故に遭って三年が経つ。今年も現場近くで手を合わせるつもりだが、最近はめっきり早起きが弱くなりそんな自分に負けそうな所に、渡りに舟とばかりAYさんにお誘いを頂き始発の宮ヶ瀬行きに乗る。 一番楽な堤川林道から行くつもりでいたが、他のニカニカメンバーは煤ケ谷から物見峠を越え沢沿いから鍋嵐へ向かう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2014年11月2日 檜岳北面旧経路探索

いつしか山岳地図は山と高原地図の独擅場となったが、以前は日地もあり好みで選べることが出来た。ここ最近は山へ行く回数がめっきり減ったぶん時間を持て余し、日地79年の “丹沢山塊” に檜岳北面と山神経路間の赤破線路が記されている事に気づく。恰好な目的と三連休の課題にするも初日は雨に水を差され中日に出掛けてみた。          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年10月18日 色づく檜岳山陵

新松田30分発のバスは予想以上に混んでいた。そんな車内を賑わしていたグループと玄倉で降りる。彼女らは玄倉林道の紅葉見物かと想像しながら林道秦野線へと入る。 他にも降りたグループはいたがこちらへは皆無で静かだ。ゲートの少し先で話し声が聞こえると、散歩がえりと思しき玄倉レディーとすれ違い、「お兄さん、一人じゃ寂しいでしょう」と言い甘納…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書の秋

秋の夜長、次回の参考にと書籍や雑誌を手に取る。 だが悲しや、1ページも進まぬ間に瞼は重くなる。 ああ、わたしに読書の秋は無縁の様だ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2014年9~10月 オアフのライトトレッキング

日程が詰まり気味の日本人観光客にはあまり馴染みがないが、オアフにはダイヤモンドヘッドトレイルを筆頭に手頃なトレッキングトコースが幾つかある。 今回はエメラルドグリーンの海が美しいラニカイにあるカイヴァリッジトレイル、かわいい燈台のマカプートレイル、ケーブル跡を一気に登るココクレータートレイルを歩いた。 【カイヴァリッジト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more